2013年に宮城県仙台市宮城野区扇町一丁目公園に植樹したシダレザクラですが、植樹後の生育に問題があり…このままでは枯れるだけということで、先月、植樹を施工していただいた株式会社東北造園様が、御厚意で新たなシンボルツリーに植替えて下さいました。
DSC_0087
当初より「この公園は水捌けが悪い土地だから、盛り土をしておきましょう。」と、しっかり対策をしてくださったのですが、昨年から雨が続く日が多かった為、根腐れを起こしてしまったようです。

「今度はバッチリ活着してくれると思う。」と、同社社長の浅田様より頼もしいお言葉をいただきました。
DSC_0088

 その証拠に植替え直後の枝からは若い芽が出てきており、まだまだ幹は細いですが、来年には少しなりとも開花が期待出来そうな気配です。

同公園内の応急仮設住宅では、植樹時に居住されていた半数以上の方々が新たな生活を始めるべく退居されたそうですが、まだご年配の方が多く残られているということで、このシンボルツリーが四季を通じて残られた皆様の「楽しみ」になれば…と切に願っています。

来年は再度『花見ツアー』が実施出来るよう、このシンボルツリーの状況を見守っていきたいと思います。

これからも、本プロジェクトへのご理解とご協力を宜しくお願いいたします!