《広報》プロジェクト・大濠SPIRITS

福岡大学附属大濠高等学校同窓会・東日本大震災被災地支援活動「プロジェクト・大濠SPIRITS」の活動状況や支援計画などをお知らせするブログ。

2016年03月

前回アップしました通り、3/30(水)〜4/4(月)「〜楽しい集いのお供に〜 お花見特集」として、福岡三越さんのチラシに掲載された『千咲里』の売場にお邪魔してきました!
image

全国の有名銘柄のお酒が並ぶなか、ちゃんとPOPも掲出していただいてます!
image

ちょうど忙しいタイミングでお邪魔してしまい、売場の方に詳しくお話を伺えませんでしたが、今回の期間を過ぎても継続して売場に置いていただけるということは確認してきました。
「ウチは最低10ヶ月は置いて、売れ行きを見るんです。」
image

つまり、これから10ヶ月の間にバンバン売れれば、また更に延長して売場に並べていただけるわけです!

福岡三越さんでお買い物をされる際は、リカーショップ(B2F)にも足を運んでいただき、是非この『千咲里』を手に取って下さい!

ちなみに、お邪魔した際にチラッとレジカウンターに目をやると、ご年配の女性のお客様が、高級そうな洋酒と併せて『千咲里』をお買い上げいただくところでした。

お声掛けする勇気はなかったので、心の中で「ありがとうございまーすッ!」と、御礼を申し上げました(汗)

本プロジェクトと岩手県陸前高田市の酔仙酒造株式会社とのコラボ日本酒『千咲里(ちえり)』が、明日より福岡三越B2Fのリカーショップで販売が開始されます!
image
→ Web広告はコチラ

これに伴い、飲食店や小売店の皆様におかれましては、各酒類仕入先様より国分九州株式会社様にお問合せいただくことで、仕入が可能となります。

是非、一人でも多くの方に飲んでいただけますよう、ご協力をお願いいたします!

また、個人の方に関しましては、引き続き販売していただいております「みちのく夢プラザ」様と併せてご来店いただき、お花見やお祝いなどの席に、この『千咲里』をご賞味いただけたら幸いです。

宜しくお願いいたします!

震災から丸5年が経過しました。

報道等ではこの時期になると特番や特集が組まれますが、
日々、人々の記憶や関心が薄れていることは否めません。

しかしながら、同窓生をはじめ、学校関係者や賛同者の皆様の
御協力をいただき、27年度は本プロジェクトのひとつの集大成である
コラボ日本酒「千咲里(ちえり)」の発売までこぎつけました。

改めて厚く御礼申し上げます。 

遅くなりましたが、その27年度の収支決算をご報告いたします。
SPIRITS_2015
※同決算書は近日中に大濠高校同窓会ホームページでもアップされます。
→ トップページ上部のバナーより特設ページへお進み下さい。

※また、今回は会報誌『大濠人』の発行が例年より1ヶ月近く早まりましたので、
この収支決算報告は掲載されておりません。

<収入の部>
振込による義援金受付の件数は、昨年より約100件近くダウンしていますが、
金額はほぼ変わりありません。

これは、大同窓会や文化祭バザーなどでの募金BOXへの寄附が増えたためです。
また、件数の重複にはなりますが、毎月少額でも継続してお振込みして下さる方は
減少しておらず、本プロジェクトの主旨である「息の長い支援」にご賛同いただけて
いるものと感じております。

「大濠アカデミアシリーズ」という学校行事での講演に、講師として来られた同窓生
でもある大平様からは、同講演料を全額寄附していただきました。


<支出の部>
27年度は、前年末の『ミッション:製造支援』からの、コラボ日本酒「千咲里」の発売が
メインの年でしたので、新たなミッションは発動しておらず大きな支出はありません。

『立替金』の清算として、本プロジェクト責任者の安部が昨年度末に岩手県の酔仙酒造
株式会社様を訪問した際の「航空券代」と「宿泊費」の立替残額を支出しております。

『写真集代』は、受託販売しております「閖上地区の全記録」の売上を、例年通りそのまま
お支払いしております。こちらも、大同窓会会場にて販売しておりますが、年々売上が
下がってきております。
今一度「5年前に何が起きたのか」を知るためにも、震災直後の現地の様子を収めたこの
写真集を、ひとりでも多くの方に手に取っていただけたらと思います。



今年度は義援金も再び集まりつつあり、尚且つコラボ日本酒「千咲里」の存在によって
新たな支援先や支援策が確定する可能性が出てきました。

まだまだ復興は道半ば。

これからも地道に息の長い支援を継続して参りますので、
今後とも皆様の御理解と御協力、そして御支援を賜りますよう、
宜しくお願い申し上げます。 


プロジェクト・大濠SPIRITS
責任者 安部 晃之輔(41回卒) 

このページのトップヘ