《広報》プロジェクト・大濠SPIRITS

福岡大学附属大濠高等学校同窓会・東日本大震災被災地支援活動「プロジェクト・大濠SPIRITS」の活動状況や支援計画などをお知らせするブログ。

2014年03月

昨年の春、仙台市宮城野区扇町一丁目公園応急仮設住宅に植樹した5本のシダレザクラの満開時期に合わせて、居住者の皆さんと花見会を催すツアーを企画いたしました。

◇日程:4月26(土)〜27(日)
◇料金:52,200円 (1泊2日 朝食付)
※昼食は各自自由。花見会会費(約2,000円程度)が別途必要 ※ホテル1室1名
◇集合:4月26日(土) 10:30 福岡空港 第2ターミナル
◇定員:25名
※定員になり次第、受付を終了させていただきます。
◇お問合せ:spirits@ohsa.jp

料金を出来るだけ抑えるため、初日は貸切バスにて『閖上さいかい市場(復興商店街・名取市)』〜『日和山献花台(津波被災地・名取市)』〜『扇町一丁目公園(仙台市)』〜『アークホテル仙台青葉通り(宿泊・仙台市)』と移動しますが、2日目は完全フリーにて、仙台空港に直接集合していただきます。

植樹しました!…だけで終わることなく、そのシダレザクラをひとつの接点として、これからも被災地の方々と交流を深めながら、具体的な支援を継続していきたいと考えております。

大濠高校同窓会の社会貢献活動の一環である本プロジェクトを見守っていただく意味でも、是非今回のツアーにご参加いただければと思います。

どうぞ宜しくお願いいたします。
画像1

東日本大震災発生から、今日で丸3年。
本プロジェクトの始動から、約2年3ヶ月の月日が過ぎました。

これまで多くの方々に義援金の寄付のみならず、 
チャリティバザーへの献品や呼びかけ協力などをいただき、
今日まで継続出来ておりますこと厚く御礼申し上げます。 

さて、本プロジェクトとしては初の有形支援となった昨年度の
『ミッション:植樹』の費用等を含めた収支決算を ご報告いたします。
画像1
※画像と同じ収支決算報告書は、大濠高校同窓会HPでもご確認いただけます。
(トップページ上部より『プロジェクト・大濠SPIRITS特設ページ』へお進み下さい)


<決算内容の説明>

前年度からの「繰越金」の額で『ミッション:植樹』の予算を組んでいたため、
支出の部「旅費交通費」および「植樹代」の合計でほぼ相殺されて、実質は
「0」に等しい。

収入の部「義援金」の振込は福岡銀行・ゆうちょ銀行合わせて195件。
60周年記念総会&懇親会および大濠中高に出店したチャリティバザー会場での
募金箱への義援金と合わせて計上している。

収入の部「写真集売上」と同窓会本会計からの「補助金(制作代)」は、
支出の部「写真集代(受託販売)」と「ピンバッジ制作代」で相殺されている。

収入の部「補助金(旅費交通費)」は、植樹の際に同行してもらった大濠高校
新聞部員の航空券代を、同窓会本会計と本プロジェクトの義援金で折半したもの。
これは、「次世代にこの震災と向き合ってほしい」という本プロジェクトの意思と、
「部活動支援の一環である」という同窓会の計らいで実施した。

支出の部「消耗品費」は、60周年記念総会&懇親会に設置した本プロジェクトの
特設ブースを設営する際に購入したテープ類と、同日写真集販売時に使用した
ビニール手提げ袋の購入費を合わせて計上している。

支出の部「振込手数料」の内、「写真集売上」は、売上があった月末に締め、
翌月にその分を都度送金しているため、回数が増えた。

以上。

※ご不明な点やご質問はspirits@ohsa.jpまでお寄せ下さい。



報道等の影響で、震災という事実自体の風化は
避けることが出来ているように感じますが、
そこで生活をされている方々の真実は、
だんだんと忘れられているような気がします。

本プロジェクトは
「被災地の現状に即した支援策を実施する」ということを
これからも継続していきたいと考えております。

引き続き、皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。


プロジェクト・大濠SPIRITS
責任者 安部晃之輔

 

このページのトップヘ